バギオのビクトリーライナー経由でクラークのダウターミナル への行き方

こんにちは、バギオのトークアカデミーです。

さて、今回はバギオのビクトリーライナーのターミナルから、クラークのダウターミナルまでの行き方を紹介したいと思います。バスでクラークに行く方法は今回紹介する方法しかないので要チェックです。

バギオにはビクトリーライナーのターミナルが2つあります。

1つはSMモールの近く。もう1つはトークアカデミーの近くです。ビクトリーライナーを予約する場合には基本的にSMの近くのターミナルは使用しませんの。チケットは個人でビクトリーライナーに行って購入してもらう必要がありますが、学校からそこまで遠くないので心配ありません。

ビクトリーライナーのターミナルに行くと、一階が待機ポイントになっていて、チケットは二階で購入することができます。

クラークに行くにはDAUと書いてある時間と日付をチェックして購入してください。わからなければ「ダウに行きたい」と言えば伝わるはずです。

クラークのダウターミナルからクラーク空港までは、タクシーでだいたい20分から30分くらいで行けます。

TPLEXと書いてあるのが直行のバスです。 

直行のバスでバギオからクラークのダウまではだいたい4時間くらいかかります。

直行以外のバスは、いくつかのバスストップがあるのでだいたい6時間はかかります。

基本的にチケットは予約日の二週間前から購入することができます。チケットは306ペソ。購入してからチケットを無くさないように注意しましょう。

ここには待機所での案内が書かれています。出発の20分前には到着するようにしておいてください。

遅れないように注意してください!

基本的にいつもバギオのビクトリーライナーのターミナルの前ではタクシーが待機しています。

ビクトリーライナーのバスの座席は広すぎず、狭すぎずちょうどいい広さで意外と快適です。 

フィリピンのバスに乗る際は、基本的にエアコンがとても強く、車内が寒くなることが多いので、乗る前にはアウターやジャケットを準備することをオススメします。

もしも他の座席が予約されずに空いている場合には、頼めば移動させてくれる場合もあります。

もしもジョイバスを予約する場合には中にトイレがあるので安心です。

ビクトリーライナーの場合は、車内にはトイレは無いですが、数回のトイレ休憩があるので安心してください!

クラークからバギオに帰ってくる場合には、クラークのDow Jones Terminalからビクトリーライナーが出ているのでバギオ行きのバスに乗りましょう。空席があればすぐに乗り込むことができます。乗り込んだら後々スタッフが料金を回収しにきます。

もし何か質問があればいつでも私たちスタッフに聞いてみてください!

skype : baguiotalk@gmail.com

mail : baguiotalk@gmail.com